遍照閣 覺良寺遍照閣 覺良寺

お盆は正式には盂蘭盆会(うらぼんえ)といい、梵語の「ウラバンナ」を音訳したものと考えられています。
「ウラバンナ」とは逆さづりの苦しみを意味する語で、「逆さまにされる様な苦しみを受けている霊魂を救済する」という意味が込められているとされます。

お盆の行事は、『盂蘭盆経』に説かれている目連上人の話に由来します。 お釈迦様の十大弟子として知られる目連上人が、神通力を使って母の死後の世界を見ました。すると母が餓鬼道で大変な苦しみを受けているのを見つけました。
目連上人は母を助けるにはどうすれば良いかお釈迦様に尋ねると、お釈迦様は「七月十五日、修行を終えた僧侶に読経してもらい食事を供養すれば母親は極楽に生まれ変わる」と教えられ供養を実践し亡き母親を救うことが出来たとのことです。
この事に基づいて先祖を死後の苦しみから救うため、様々な供物を盆棚に飾り先祖の霊だけでなく無縁仏や餓鬼も共に供養するお盆の行事が生まれたのです。

Copyright(C)2016 遍照閣 覺良寺